排卵障害からの妊娠(妊活症例)

無排卵からの妊娠

【年齢】 28歳

【出産履歴】 一人目

【不妊治療】   3年(病院)

自然周期タイミング(三年間)⇒二度の陽性反応あるも胎嚢確認まで至らず。

【症状】

〇周期症状
生理周期が卵子が育たず排卵まで長期かする為、不順になる。また薬(クロミッド、HMG)使用も中々卵子が成熟せず排卵しないため、薬にて高温期を作り生理を促していた。

月経血量(少ない)、月経血内塊(多い)

〇その他の症状
頭痛、口内環境の荒れ(口内炎など)、冷え、など

【主な原因】
無排卵、骨盤内の血流、腹部の血流、FSH/LH値比

【治療期間】  4か月(鍼灸治療開始から)
今まで生理不順に悩まされ、薬にて強制排卵できるときに陽性反応(二度)出るが胎嚢確認できない化学流産を繰り返す。来院当初は薬で周期リセットし半年に一度生理を来させる状態だった為、生理は薬によるもののため全く排卵してない状態であった。

【鍼灸治療】
ホルモン値と基礎体温表から全く排卵しない状態だった為、まずしっかりと薬なしで排卵できるように治療を開始する。90日周期(薬)⇒60日周期⇒45日周期と短くなっていき排卵するまでの卵子がしっかり育つことを確認したので薬にて無理にリセットせずに排卵まで待ちタイミングを取ったところ陽性反応がでる。

妊娠継続するための鍼灸治療に切り替え胎嚢確認、HCG数値が正常値であることを確認し卒業した。

【鍼灸治療の効果】
卵巣の環境改善         ⇒   卵子が育ち排卵することができるようになる。
脳内の環境改善         ⇒   FSH/LHのホルモンバランスをもどす
腹部、骨盤内の環境改善     ⇒   薬又はホルモンがしっかり作用する
子宮内の環境改善        ⇒   着床しやすく内膜を厚くするほか妊娠維持させる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。