逆子治療施術の流れ

<逆子治療の流れ>
1、問診を行います。
妊娠週数、お腹の張り感、腰痛、肩こり等その他の症状も一緒に確認していきます。

2、母子手帳の拝見
母子手帳の拝見させて頂きますので妊婦で施術を希望される方は持参してください。母子手帳はお母様やお子様の状態を知るのにとても重要な物です。家でのケアや、逆子の原因になることも記載されていますので確認させてください。
妊婦
3、触診
当院ではまず立ち姿勢のまま身体の状態を触らせて頂きます。またその際にお腹の張り具合を確認させて頂きます。

4、横になって腹部の触診
仰向けになって頂きお腹の張り感を確認します。またお腹のどこに子供がいるのかどんな姿勢なのかを一緒に触りながらご説明させて頂きます。子供がどのような姿勢でいるかわかることでその後の家の過ごし方も変わるので必ず説明させて頂きます。

5、施術
逆子治療はまず初めに横向きでのマッサージから行ない全体的に身体を緩めていきます。肩や首が固まっていると頭も固まり骨盤も閉まり逆子になる確率が上がります。

6、鍼灸治療
身体が緩み子供が動きやすい状態にしてから鍼灸治療をします。鍼灸治療は極力妊婦さんの身体に負担をかけないため刺激も弱く行います。そのため数本のはりと少しのお灸だけ行います。過剰な刺激をすることなく子供の声を聴けばすぐに逆子は戻ることが出来ます。

7、腹部の確認
施術後再度腹部の確認をさせていた出来ます。赤ちゃんが戻っているかの確認も致します。

8、ホームケアの提案
家で出来る逆子予防を指導させて頂きます。逆子治療して赤ちゃんが戻っても私生活の過ごし方で再度逆子になられる方が多い為家で出来ることを提案させて頂きます。また家で臨月まで行うことでスムーズな出産に向けて身体作りが出来るからです。

当サロンの特徴は医療の知識はもちろん産科分野の知識も豊富で情報提供が出来る事。また東洋的(鍼灸)の考えだけにとらわれず極力母体に負担をかけず、安全な施術と出産までの心身共にサポートさせて頂きます。

⇒逆子治療の料金とその他のMENU料金表

トップページに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする