スーパーライザー(不妊治療&妊活)

superlizer-2当サロンでは妊活、不妊治療をサポートする体制に力を入れています。
よりお客様にとっていい治療経過をたどって頂きたく、また妊活、不妊治療中の身体、精神の不快症状などをサポート、改善することでよりよい日常生活を送り、よりよい結果に結びつくようにサロン内環境を整え施術の質の向上を日ごろから研磨しております。

証明されている効果と確かな結果が出ていますスーパーライザーという機械を使用し鍼灸だけではアプローチしにくい身体症状を効果的にかつ確実に結果に出すために導入致しました。
どのような機械であるかを下記に記載いたしますので参考にしてください。

≪スーパーライザーによる不妊治療について≫

☆スーパーライザーによる不妊治療でアプローチできること
・子宮環境を整え、改善する事で子宮内膜を厚くして受精卵を着床しやすくする
・卵巣機能を改善して質の良い卵子にする
ホルモンバランスをより整える事で妊娠しやすいからだにする
・婦人科疾患(生理痛・生理不順・子宮内膜症・子宮筋腫など)を整えます
・西洋医学でのホルモン剤などの薬の副作用の軽減
・過度なホルモン剤による卵巣機能の改善
・精神面・体調面を改善する事によってストレスや不安を解消する
冷えの改善(特にお腹、下半身の冷えが問題になります)
免疫機能の寛容によりより着床しやすい環境作り
脳血流の改善、増加により自律神経、ホルモンバランスを整えます

☆鍼灸治療とスーパーライザーによるレーザー活性化治療による効果

お腹を柔らかくして冷えを改善する
不妊症の患者さんの多くは下腹部や下半身に冷えを感じる方が多く、お腹を触診すると冷えが強くお腹が硬い方を多く見受けられます。子宮を畑の土と例えると質の悪い土はなかなか思うように作物が育たないのと同じで子宮の状態が悪いと着床しなかったり、質の良い受精卵が出来なかったりします。

脳血流量を良くしてホルモンバランスも良くする
妊娠をご希望される方は何かの婦人科疾患があったり、なかなか妊活が思うようにいかなくて過度なストレスを抱えていたりしています。そういう方は自律神経の交感神経が優位になっているケースが多いので、頸部の星状神経節にスーパーライザーを照射することで副交感神経を優位にして、視床下部と脳下垂体の血流を良くします。視床下部と脳下垂体は自律神経、免疫、ホルモン分泌をコントロールしている中枢で、血流を安定させて働きを良くすることで卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモンなどの女性ホルモンを安定的に分泌します。

superlizer-3

子宮と卵巣の血流を良くして若くする
心臓から送り出された血液は大動脈から総腸骨動脈に行き、そこから外腸骨動脈と内腸骨動脈に分枝します。その内腸骨動脈から子宮動脈が分枝され子宮卵巣を栄養しています。また大動脈からも直接卵巣動脈が分枝され、そこから卵巣も栄養していています。腹部や手足の冷えている女性は内腸骨動脈の血流が悪いので子宮卵巣の働きも悪く、妊娠、出産にも悪影響を与えます。卵巣動脈や子宮動脈、内腸骨動脈にレーザー照射することで血流改善していきます。
卵子の質を良くする
子宮内膜を厚くすることで着床しやすくなります
・卵管の通りを良くして卵子や受精卵を通りやすくする
・過剰なホルモン剤による卵巣機能を改善する
(参考文献:「驚きの妊娠率!レーザー活性化療法」ごま書房新社)

150919-0026

☆スーパーライザーの感じ方
実際の施術では、スーパーライザーを月経周期、不妊治療の経過によって行う部位を使い分けています。
主に首(頚部)、腹部、臀部に行います。もちろん鍼灸を一緒に行うことにより相乗効果が得られ効果がよりよくなります。
一番気になる感じ方は・・・・全く痛みはありません。暖かい感覚があるだけです。

長い妊活で身体がつかれていたり、思うように数値など結果が出てこない方はぜひお試しください。不妊治療を始める方もカウンセリングを行っています。鍼灸は不妊治療と並行して行っていくとより効果的です。一人で悩まないでご連絡ください。

不妊症の鍼灸治療施術の流れ

料金表

なごみうさぎトップに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする