不妊症の鍼灸治療(はり)施術流れ


当院の不妊症に対する鍼灸治療は科学的根拠に基づいた施術を基盤にし、東洋医学で身体を整えていきます。

鍼灸ならではの東洋医学視点からのアプローチ
①気血を整える
②冷えの改善
③ストレスの緩和
④体質の改善

上記の事をメインにアプローチしていきます。
しっかりした根拠の元行う施術と昔からある鍼灸の施術を合わせて行うことでより効果的に施術を行っていきます。
施術計画を立てさせて頂き、月経周期、治療の経過、卵子の状態に合わせて施術していきます。
また病院で行われている不妊治療は分からないことばかりなので詳しく解説いたします。

IMG_20160418_193256≪施術の流れ≫
1問診表
問診表は数枚ありますが、東洋医学から身体を診断し体質を改善するための問診票と病院で行われている不妊治療の経過を教えてもらう問診票を用意しております。記入する項目が多々ありますが初回のカウンセリングでお客様自身が今どの様な状態か詳しくお互いが知ることで治療計画が具体的に立てる事ができます。

2カウンセリング
不妊治療の経過や家庭環境、助成の件等で困っていることは無いか、身体の現在の状態、治療計画などを詳しく簡潔にお話をしながら進めていきます。

3身体観察
〇身体のバランス:
当サロンでは整体や骨格の修正も行っている為、骨盤の状態や身体の基本的な体勢を診ていきます。
〇腹部の触診:
腹部を触ることで身体の状態を知ることが出来ます。内臓の状態や胃腸関係、また子宮や卵巣の状態を触って確認させて頂きます。
腹部が冷えている方や、カチカチに固くなっている方、お腹が張っている方など様々ありますが、どれも子宮環境が良くない状態です。
〇舌の観察:
東洋医学の世界では舌の状態をみると身体の状態がわかります。身体のどこが調子を崩しているか?
など様々な情報を舌が教えてくれます。
〇脈の観察:
脈は心の状態や身体の状態を表してくれます。脈をみて施術のプランやストレスなどの情報を集めていきます。

上記の情報をもとに身体の状態を細かく診ていき、身体の状態を説明した上で施術プランを提供していきます。

4施術
主に鍼灸(はり・灸)を用いて身体の状態を良くしていきます。当院では基本的に痛い施術は行っていません。ソフトでなおかつ的確に身体を改善していきます。

5評価
施術前におこなった観察(腹部や舌、身体の動き、骨格)を施術ごどのように変化したのか評価していき次回の施術を決めていきます。

6お茶タイム
施術後たいていの治療院はすぐに解散するような形をとることが多いと思いますが、当院は施術の余韻や身体の変化したことをより感じて頂くためにお茶を召し上がっていただいてます。飲み物もこだわっており週かわりのハーブティーやその人に合わせて漢方茶を提供しています。

不妊治療は長期にわたる施術のためお客様に少しでも身体が変化していることを実感出来る様に日頃から工夫しています。
鍼灸の効果が卵子に影響を与え良い物に変わっていくには3か月はかかることをご了承ください。

⇒不妊治療料金

スーパーライザーによる不妊治療

なごみうさぎTOPに戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする